子のインフルワクチン、WHOは1回「2回は日本だけ」

有料会員記事

服部尚
[PR]

 新型コロナウイルスインフルエンザの同時流行に備え、生後6カ月~小学2年生の子どもへのインフルワクチン優先接種の呼びかけが26日から始まる。13歳未満の子どもには2回接種が必要だが、実は世界保健機関(WHO)や米疾病対策センター(CDC)は、「9歳以上は1回でいい」としている。1回で済むなら、そうしたいのが親心。なぜこんな「日本ルール」が存在するのか。

13歳未満は2回接種

 コロナとインフルは、初期の症状ではほとんど見分けがつかない。厚生労働省はインフルの感染者を減らすことで医療現場の混乱を避けたいと、今シーズンのワクチンの供給見込み量を約3178万本と、過去最大規模にした。それでもワクチンが足りなくなるのではと心配されている。

 日本小児科学会や日本感染症学会など21団体でつくる予防接種推進専門協議会は8月、インフルのワクチン不足が起きた場合、WHOやCDCの例を参考に、接種回数を減らし、より多くの子どもがワクチン接種を受けられるような対応を厚労省に求めた。

 日本小児科医会の峯真人担当理事は「コロナ禍でワクチン接種のニーズが高まり、必要な人に行き届かない恐れもある。あくまで緊急避難的に、今回は接種回数を減らすという選択肢もあることを現場でも検討してほしい」と話す。

 日本では13歳以上は1回接種だが、13歳未満は2回接種を原則としている。

 一方、WHOは9歳以上は1回接種を推奨している。米国のCDCも同じく、9歳以上は1回接種としたうえ、前の年にワクチンを打った場合は、生後6カ月から8歳でも1回でいいとしている。

 なぜ、日本は2回接種なのか。

 日本小児科学会で予防接種や…

この記事は有料会員記事です。残り1155文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
服部尚
服部尚(はっとり・ひさし)朝日新聞記者
福井支局をふり出しに、東京や大阪の科学医療部で長く勤務。原発、エネルギー、環境、医療、医学分野を担当。東日本大震災時は科学医療部デスク。編集委員を経て現職。