[PR]

 うがい薬を無許可で販売したとして、京都府警は20日、岡山市中区円山のネットショップ経営、大藤伸栄容疑者(55)を医薬品医療機器法違反(医薬品の無許可販売)の疑いで逮捕し、発表した。大阪府の吉村洋文知事が8月に新型コロナウイルス対策としてうがい薬を薦めたことから、品切れが相次いでいた。

 府警によると同法に基づき、うがい薬の販売容疑で逮捕したのは全国初。大藤容疑者は今年9月、京都市や京都府宇治市、岡山市の20~70代の男性4人に、50~250ccのうがい薬計6本を市価の5、6倍にあたる計2万6180円で売った疑いがある。「間違いありません」と容疑を認めているという。

 大藤容疑者は高値で売れると見越して、車で寝泊まりしながら岡山のドラッグストアなどで買い集め、転売していたと見られている。