[PR]

 「今日、アレが来た。アー、ホントにやっと来たって感じでサ、よかったよかった。心配してたのよねえ」

 1977年に橋本治が発表した『桃尻娘』は、主人公の高校1年生、榊原玲奈のこんな独白でつづられていく。

 初体験で妊娠したかも。そんな不安も、流すように笑い飛ばすように語る。「あんなのしかいなかったのかしら、あたしも悲劇よネ。でもいいわ、大切な思い出なんかにならなくて、せいせいした」

拡大する写真・図版1974年の東京・原宿の風景。主人公は修学旅行の時、ピンク色のコットンパンツでしゃがんでいた様子を男子にからかわれ、「桃尻娘」というあだ名をつけられた

「男らしさ」「女らしさ」の垣根が薄れ

 玲奈の脳内は様々な話題にあふれ、冗舌だ。隠れて夜中に飲む酒の味、男同士の同性愛や美少年への興味……。自分自身の理屈で批評し、ぼやき、妄想を巡らす。78年に出版されると、男性作家が生んだ女子高校生口調は「桃尻語」として話題を呼んだ。

昨年亡くなった作家・橋本治のデビュー小説『桃尻娘』。女子高校生の口調で書かれたのはなぜなのか。謎に迫ります。

 橋本は2016年、朝日新聞の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら