拡大する写真・図版大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)=2020年10月14日午後2時12分、大阪市浪速区難波中3丁目、森下裕介撮影

[PR]

皆さんの身近な困りごとや疑問をSNSで募集中。「#N4U」取材班が深掘りします。

 大阪市を廃止し、四つの特別区に再編する大阪都構想の是非を問う住民投票が11月1日にあります。選択の材料として、「#ニュース4U(#N4U)」取材班に寄せていただいた声などをもとに、「大阪都構想って何?」を徹底的におさらいしていきます。

①いまさらだけど…都構想って何?

 Q:「大阪都構想の是非を問う住民投票」が11月1日にあるそうだけど、大阪都構想ってどんな制度?

 A:政令指定都市の大阪市をなくし、東京23区のような四つの特別区に分ける。大阪市がしてきた大きなインフラ整備などは府に一本化し、子育てや福祉など身近な課題は区が担当するんだ。大阪市が担ってきた水道や消防は府に移る。

 Q:東京と同じなの?

 A:基本的な部分は同じだ。正式な名前は住民投票の結果で直ちに「大阪都」になるわけではなく、大阪府のままだ。変更には法律の改正か新法を制定する必要がある。

 Q:今の大阪市にも24区あるけど、一緒では?

 A:24区は行政区と呼ばれる市役所の組織の一つで、区長も市長が選んでいる。新しい特別区は、市町村と同じ「自治体」だ。住民が区長を直接選挙で選び、区議会も設けられる。名前は同じ「区」だけど、役割は大きく変わる。もともとの24区役所も残され、窓口サービスは維持されることになっている。

 Q:特別区はどんな姿?

 淀川、北、中央、天王寺の4区で、約60万~75万人の人口規模になる。約82万人の政令指定都市・堺市より小さく、中核市である東大阪市の約49万人よりは大きくなる。それぞれ新大阪、梅田(大阪)、難波、天王寺というターミナル駅を中心にしている。

拡大する写真・図版特別区の区割り

 Q:住民投票は前もやらなかったっけ?

 A:橋下徹市長時代の2015年に住民投票があり、わずかな差で否決されて橋下氏は政界を引退した。だが昨年4月の統一地方選で都構想を掲げる大阪維新の会が大勝し、改めて議論が進んだんだ。

 Q:どんな意見が出ているの?

 A:賛成派は、府と市で重なっている権限を府にまとめ、無駄や非効率が生じがちな「二重行政」を解消することで、成長につなげられると強調する。

 反対派は「コストはかさむのに十分な財源は確保されず、窓口サービスが低下する」「失敗しても、元に戻すことが極めて難しい」と批判している。(増田勇介)

#ニュース4Uの特集ページはこちらから
読者のみなさんから寄せられた身近な疑問を深掘り取材していきます。

②メリット・デメリットは?

 Q:大阪都構想のメリットはどう言われているの?

 A:大阪府、大阪市の説明は「司令塔を府に一元化することで効率的な自治体運営ができ、大阪の成長につながる」というもの。府と市が似た権限を持って競い合っていた「二重行政」を解消するという主張だ。

 Q:司令塔を一元化すると大阪が成長するの?

 A:2011年から大阪維新の会の知事と市長が続いて府と市が連携した結果、1994億円の財政的効果が生まれたとの試算を市は出している。半分近くは市営地下鉄の運営見直しによるものだ。知事と市長の人間関係による連携ではなく、制度として確立することが必要だと訴えている。

 特別区でも、より地域ニーズにあった住民サービスが提供できるという。

記事の後半では「③二重行政は続いているの?」についてお伝えします。

 Q:デメリットは?

 反対派は、大阪市を四つの特別…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら