[PR]

 政府・与党は20日、26日召集の臨時国会について、会期を12月5日までの41日間とする方針を固めた。野党側にも近く伝える。

 加藤勝信官房長官と自民党の森山裕国会対策委員長、林幹雄幹事長代理が20日、都内で会談して確認した。日本学術会議の任命問題で追及を強めている野党側は十分な会期幅を求めているが、政府・与党は来年度予算案の編成などを理由に日程を絞った。政府は、日本と英国の新たな通商協定など10本程度の法案・条約案を提出する見通しだ。