[PR]

 米大統領選を前に行われる候補者討論会をめぐり、主催団体は19日、1人の候補が各テーマについて話す冒頭の2分間は、もう1人のマイクのスイッチを切ると発表した。1回目の討論会で、共和党のトランプ米大統領が民主党のバイデン氏の発言を何度も遮って大荒れとなったための措置で、マナーを強制する異例の事態となった。

 22日にテネシー州ナッシュビルで開催予定の2回目の討論会では、「新型コロナ」「家族」「人種」「気候変動」「国家安全保障」「リーダーシップ」の6テーマに各15分が割り当てられる。新ルールでは各テーマの冒頭、両候補が相手のマイクのスイッチが切られた状態で2分間ずつ発言し、その後は双方のマイクのスイッチが入った状態での自由議論となる。

 相手候補のマイクのスイッチを切る措置は、9月29日にあった1回目の討論会の直後から浮上した。トランプ陣営は繰り返し反対してきたが、19日には「偏向した主催者の最後のルール変更にもかかわらず、トランプ氏はバイデン氏とディベートする約束を守る」という声明を発表し、受け入れる姿勢を示した。トランプ氏は記者団に「参加はする。ただ、とても不公平だと思う」と述べた。

 討論会は15日にも予定されていたが、トランプ氏が新型コロナウイルスに感染したことを受け、主催団体がバーチャル形式で開催することを提案し、トランプ氏が拒否したため、中止となった。(ワシントン=園田耕司)