[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン開発を加速させるため、英国政府は20日、健康な若者を意図的にウイルスにさらし、ワクチンの効果を調べる特殊な治験を、来年1月にも始める計画を明らかにした。ワクチンの効果を効率的に調べられる半面、被験者が重症化するリスクもあり、慎重な運用が求められそうだ。

 この治験は「ヒトチャレンジ」治験と呼ばれ、インペリアル・カレッジ・ロンドンや治験を専門とする企業などが連携して実施し、英政府が3360万ポンド(約46億円)を出資する。

 政府の発表などによると、まず、最大90人の健康な18~30歳を新型ウイルスに暴露し、感染症を引き起こすウイルスの最低量を調べる。その後、初期段階の治験で安全性が確認された開発中のワクチンについて、人の体内で抗体反応を引き起こし、感染を防げるかどうかの有効性を調べる。

 世界保健機関(WHO)による…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら