[PR]

 20日午後8時ごろ、茨城県土浦市本郷の下水道マンホール内で「作業員1人が急に倒れ、助けに行ったもう1人も意識がない」と119番通報があった。2人は病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。現場では有毒ガスの硫化水素と一酸化炭素が発生したといい、県警土浦署が状況を調べている。

 同署によると、死亡したのは土浦市の浄化槽管理会社「東栄商事」の社員で、同市中神立町の佐伯洋祐さん(41)、同県つくば市花室の岡野裕樹さん(38)。同日夕方、事故現場から数百メートル離れた地点で「下水があふれている」との苦情が市民から市役所に寄せられ、午後6時半ごろから計4人で作業をしていた。

 事故当時、佐伯さんはマンホール内にはしごを使って下り、詰まった汚泥を除去する作業をしていた。岡野さんを含む3人は地上で高圧洗浄機の操作などをしていた。

 市消防本部や署によると、午後7時50分ごろ、作業を終えて地上に上がろうとした佐伯さんがマンホール内で落下。その姿を見て助けに向かった岡野さんも倒れたという。午後8時過ぎに消防隊員が到着し、2人を2時間半以上かかって引き上げたが意識はなかったという。

 現場は土浦市役所から北へ約9キロ。近くには物流センターや工場などがある。消防本部が現場への立ち入りを規制しているが、周辺に影響はないと判断し、住民への避難は求めていない。(鹿野幹男)