拡大する写真・図版子宮がない 家族の選択

[PR]

生まれつき子宮と腟が欠損している女性たちがいる。約4500人に1人。がんなどで後天的に子宮を失った女性もいる。20~30代で国内に推計5万~6万人。子宮がない女性たちは、子を持つという選択とどう向きあってきたのだろうか。

 「将来子どもがほしいと思ったときに、できるだけいろんな選択肢を示してあげたい。もし、子宮移植がいいと思って、ママお願い、って言われたら、はい、わかりましたって。そこに何のちゅうちょもないです」

 宮崎県の女性(53)は胸に手を当てながら話した。

 その言葉を、大学3年の長女(20)が静かに聞いている。高校生のとき、生まれつき腟(ちつ)や子宮がないロキタンスキー症候群と診断された。

 月経が来ないとさすがに心配に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら