ブラックホール発見にノーベル賞 最後は忍耐力の勝負に

有料会員記事

写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

村山斉の時空自在<38>

 今年のノーベル物理学賞は、私が勤めるカリフォルニア大学バークリー校から受賞が決まり、とてもうれしい。同じ物理教室にいた同僚のラインハルト・ゲンツェル氏だ。私たちの住む銀河系の中心にある超巨大質量ブラックホールを発見した。

 なんと太陽の400万倍の重さがある。とはいえブラックホールは光すら出られない魔の天体。直接は見えないので、周りの星の動きから場所と重さを割り出した。ちょうど惑星の動きから太陽の重さを求めるのと同じだ。

 銀河系の中心を観測するのは…

この記事は有料会員記事です。残り585文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら