拡大する写真・図版キリンの赤ちゃん(左)と母のマオ(東山動植物園提供)

[PR]

 名古屋市千種区の東山動植物園で20日、アミメキリンの赤ちゃんが誕生した。「イケメンゴリラ」として知られるシャバーニ(24)と同じ誕生日だという。

 赤ちゃんはオスのトリノ(14)とメスのマオ(13)の子ども。頭までの高さは推定約170センチで、性別はまだわからない。

 20日午前8時20分ごろ、飼育員が立っている赤ちゃんを見つけ、午前9時にはマオが授乳していたという。その後も約1時間おきに授乳するなど、母子ともに健康だという。

拡大する写真・図版アミメキリンの赤ちゃん(下)と母のマオ(東山動植物園提供)

 園の担当者によると、マオは4回目の出産で、早産だった1頭を除いて2頭を育てた「ベテランお母さん」。子の毛をなめたり、乳を吸うように誘導したりするなど面倒見がいいという。

 今後、赤ちゃんが寝室から出て運動場へ出入りする姿も見られるようにする予定だ。同園でのキリンの赤ちゃんの公開は5年ぶりだが、赤ちゃんの体調などによっては公開しないこともあるという。

 新型コロナ対策のため、東山動植物園は入場制限をしている。11月29日までの週末か祝日の午後2時までに来園する場合は、事前予約が必要。問い合わせは同園(052・782・2111)まで。(藤田大道)