[PR]

 奈良県大和郡山市の市民有志5人でつくる「大和郡山歴史同好会」が今月、市内の寺や神社計24カ所の「大和郡山御朱印マップ」スマートフォン版を公開した。2019年から紙製のマップを無料配布しているが、「もっと若者に活用してもらおう」とスマホで見られるようにした。

 紙製のマップはA5判で10ページ。まちづくりのアイデアに対する市の補助金を活用して、最初の19年版は昨年11月に5千部作ってJR・近鉄郡山駅などで配布したところ、3カ月ほどでなくなった。内容を一部更新した20年版も、両駅などで手に入る。

 しかし、紙だと印刷代がかかるうえ、市内まで来てもらわないと入手できない。会員の一人は「スマホ版だと作製料は抑えられるし、いつでも内容を新しくしたり、追加したりできます」という。

 スマホ版大和郡山御朱印マップ(http://nstudio.jp/syuinmap/別ウインドウで開きます)を使うと、目的の寺社まで、GPS機能による経路案内で行くことができる。各寺社の詳しい紹介や、会員が自分たちで集めた御朱印の写真もマップに掲載。寺社によっては御朱印がもらえる日時が限られていたり、予約が必要だったりするため、そうした「参拝情報」も載せている。(伊藤誠)