拡大する写真・図版イベントを前に大門大通り商店街周辺を歩く宮木きみゑさん(左)と娘の野田啓子さん=2020年10月13日、津市大門

[PR]

 楽しみにしていたリレーマラソンが、新型コロナウイルスの影響で、今年は中止になった。参加するつもりでいた認知症のおばあさんは落ち込んだ。娘は「中止になった」と何度も説明する。そのたびにおばあさんは悲しい顔を見せる。そんなおばあさんに元気になってもらいたいと、高校生が協力し、代わりのイベントが24日に催される。

 津市在住の宮木きみゑさん(86)は数年前に、「アルツハイマー型認知症」と診断された。足腰を使うことが好きで、認知症の啓発を目的としたリレーマラソン「RUN伴(ランとも)」に2016年から参加してきた。

 このマラソンでは、認知症の人や医療従事者らの参加者が全国でたすきをつなぐ。コロナ禍で今年は中止が決定。それを聞いた宮木さんはひどく落ち込んだ。

拡大する写真・図版高田高校の生徒から宮木きみゑさんに宛てた手紙=2020年10月13日、津市大門

 だが、しばらくすると中止のこ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら