[PR]

 商船三井客船のクルーズ船「にっぽん丸」が26日、長崎県の佐世保港に寄港することになった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、今春から国内ではクルーズ船は事実上航行できない状態が続いており、一般観光客を乗せての再開は全国初となる。港を管理する佐世保市も独自の対策を練り、受け入れを決めた。

 佐世保市によると、今回のクルーズはJR四国などが企画したツアーで、四国で集客した。25日午前に愛媛県・新居浜港を出港し、26日午前8時に佐世保に入港する。乗客はハウステンボスや九十九島観光などを楽しみ、同日午後6時に出港。翌27日午後、新居浜港に戻る予定。

 クルーズ再開に向け、日本外航客船協会は船会社が講じるべき対策を、日本港湾協会は旅客ターミナルなどで港湾管理者が取るべき対策をそれぞれ9月に発表。国土交通省も、寄港先の港湾管理者などに求める事項を示した。

 今回はこれに沿った全国初のクルーズで、船の定員530人に対し乗客は約200人、乗員を約100人に絞る。全員、乗船14日前から体調不良の有無を記録し、2日前にはPCR検査で陰性を確認。当日も発熱の有無を診る。同室の人以外は濃厚接触しないよう航行中も対策を取るという。

 市は、寄港当日までに市内で週7人以上の感染が確認された場合は、寄港の許可を取り消す。上陸後に発熱などの症状が出たら船内の医師の診断を受けたうえ船内隔離するよう求める。

 クルーズ船を巡っては2月に横浜港に停泊中のダイヤモンド・プリンセスで、4月に長崎港に停泊していたコスタ・アトランチカで集団感染が発生した。(原口晋也)