[PR]

 福島県飯舘村は16日、今年7月に豪雨被害を受けた熊本県球磨村の子どもたちを支援するため、児童書など約1600冊を発送した。

 飯舘村によると、球磨村は豪雨被害で約3分の1の世帯が浸水被害に遭った。2校ある小学校のうち1校も、学校図書が水に浸かったという。

 飯舘村では今春、3小学校と1中学校が統合され、9年制の義務教育学校になった。このため、重複した学校図書がある。東日本大震災前の2010年度には「あなたにつなぐ飯舘絵本リレー事業」を展開した結果、全国から約5万8千冊もの書籍が寄せられた。震災の避難指示解除後も、書籍の贈呈は続いているという。

 両村はともに「日本で最も美しい村連合」の一員であることから、児童書や絵本、辞書などを選び、贈呈することにした。(佐々木達也)

関連ニュース