捨てればゴミだけど カメやサメ、リアルさに来場者驚き

高木智子
[PR]

 ペットボトルから作られた、魚やカメなど海の生き物のオブジェが福岡市科学館に展示されている。リアルさが来場者を驚かせている。

 持続可能な社会を考える「みんなのSDGs展」の一つ。アーティストの本間ますみさんがペットボトルを解体、はんだで溶接した。塗料は使っていない。

 うろこやヒレなど細部にこだわり、1年がかりの作品も。担当者は「捨てればゴミだけれど、再生されて資源によみがえることを伝えたい」。25日まで。高木智子