[PR]

 日本学術会議が推薦した会員候補6人が任命されなかった問題をめぐり、自民党は21日、学術会議のあり方を議論するPT(プロジェクトチーム)を開き、学術会議の元会長3人から意見を聞いた。学術会議の組織のあり方について協議したが、任命問題は直接議論しなかったという。

 PTは「政策決定におけるアカデミアの役割に関する検討PT」(座長・塩谷立元文部科学相)。任命問題は主な議題にしておらず、野党からは「躍起になって論点ずらしをしている」(立憲民主党の蓮舫代表代行)と批判が上がっている。

 この日の会合には、学術会議元会長の黒川清、大西隆の両氏が出席。元会長の吉川弘之氏はオンラインで参加した。下村博文政調会長は冒頭、「(学術会議を)バッシングしようと思っているわけでも、論理のすり替えで始めているわけでも全くない」と主張。3氏に対し、任命問題を切り離して組織のあり方を議論することに理解を求めた。

 会合は非公開。出席者らによると、大西氏が任命問題に絡んで「会員の任命は、独立して行うことは非常に重要だ」と強調。党側から「学術会議は提言機能を果たしていない」と指摘が相次いでいる点について、3氏からは「そんなことはない」との反論があり、過去の活動実績を示す資料が提出されたという。

 また、学術会議の政府からの独…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら