[PR]

 アルメニアが実効支配するアゼルバイジャンのナゴルノ・カラバフ地域をめぐる軍事衝突が続く中、両国の駐日大使が21日、都内の日本外国特派員協会でそれぞれ記者会見を開いた。互いに「侵略してきたのは相手側だ」と主張し、先行きの見えない関係を象徴するような「舌戦」となった。

 午前に会見を開いたアゼルバイジャンのギュルセル・イスマイルザーデ大使は、11日と17日に起きた同国第2の都市ギャンジャの住宅へのミサイル着弾を挙げ、「市民やインフラへの攻撃で、テロと変わらない」とアルメニアを非難した。

 壇上にはトルコのハサン・ムラ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら