[PR]

 千葉県成田市が高齢者の介護予防の新たな取り組みを始めた。単一メニューの教室ではなく、企業や団体が連携し、複数のプログラムを同時に提供する。認知症や心身の活力が低下するフレイル(虚弱)のリスクを下げ、住み慣れた地域で暮らし続けられる社会を目指す。

 市はこれまで、健康体操やヨガ、音楽療法など、プログラムごとの介護予防教室を開いてきた。だが、一つのメニューしかないと、合わない人は参加しなくなるほか、効果も検証しにくいという課題があった。

 新しく始めた「人生カッコよくプロジェクト」は、軽めの運動▽強めの筋力トレーニング▽脳に刺激を与える運動のシナプソロジー▽タブレット端末を使った認知トレーニング(脳トレ)▽認知症とフレイルの予防講義▽事故防止講義の6プログラムを、毎回短時間ずつ実施する。参加者は関心のあるプログラムだけに取り組むこともできる。

 プロジェクトは、認知症専門医…

この記事は有料会員記事です。残り1872文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1872文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1872文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!