[PR]

 天王寺動物園(大阪市天王寺区)のホッキョクグマ、イッちゃん(メス、6歳)に初めての赤ちゃんが誕生するかもしれない。妊娠の可能性があり、動物園では出産準備のため20日に公開を中止。21日から産室を設けた獣舎に入れ、その時を待つ。

 お相手はゴーゴ(オス、15歳)で、2頭は「551の豚まん」で知られる蓬莱(ほうらい)(大阪市浪速区)が寄贈。ゴーゴは2006年、イッちゃんは15年にロシアの動物園からやってきた。名前は「551」にちなむ。

 普段は別居させているが、イッちゃんが繁殖に適した年齢になったため、今年2月から4月にかけて同居させたところ、交尾が複数回確認されたという。

 同園で赤ちゃんが生まれれば、14年にゴーゴとバフィンの間にできたモモ以来になる。円山動物園(札幌市)などでも繁殖の例はあるが、全国的にもホッキョクグマの誕生は珍しいという。

 出産が想定されるのは11月~12月。野生のホッキョクグマは雪に穴をほって出産に備えるが、同園では獣舎に木製の産室を設けて、こもらせる。出産を控えると神経質になるため、飼育員も極力近づかず、静かな環境をつくるという。

 ただ、ホッキョクグマの妊娠は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら