[PR]

 南太平洋の島国・フィジーで中国と台湾の外交当局関係者が小競り合いを起こし、けが人が出たと双方が19日に明らかにした。ともに相手方から暴行を受けたと訴え、非難しあっている。

 中国外務省によると、8日夜、フィジーのホテルで台湾側が辛亥(しんがい)革命を記念する双十節の式典を行っていたところ、ホテルを訪れた中国大使館員が台湾側の参列者から暴言を吐かれ、小競り合いに発展。大使館員1人がけがをしたという。大使館員は「通常の公務を行っていた」としている。

 中国外務省の趙立堅副報道局長は19日の定例会見で台湾の「青天白日満地紅旗」を掲げたり、お祝いのケーキに描いたりした活動が「一つの中国」原則に背いていると非難。フィジー側には「深刻な懸念」を表明して、事件の徹底的な調査と台湾側の当事者の責任の追及を求めた。

 一方、台湾外交部(外務省)の19日の説明では、式典会場に中国大使館員2人が訪れて写真を撮るなどしたため、台湾参列者が制止しようとしたところ暴行されて頭部を負傷し、病院で治療を受けたという。台湾外交部スポークスマンの欧江安氏は「中国側は事実を正反対にゆがめようとしており、強く非難する」とコメントした。

 フィジーは1975年以来、中国と国交を結んでいるが、台湾も代表事務所を置いている。(北京=高田正幸、台北=石田耕一郎)