第8回分断あおる大統領、在日アメリカ人の危惧 モーリーさん

[PR]

 アメリカ大統領選に投票できるのは、アメリカに住んでいる人だけではありません。国籍を持つ人であれば、国外からでも郵便などを使って投票できます。もちろん、日本からも。日本に住むアメリカ人の目に、母国の大統領選はどのように映っているのか。投票するうえで重視することは何か。そして、日本人がアメリカ大統領選を見る際のポイントは? アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれ、ミュージシャンや国際ジャーナリストなどとしてマルチに活動するモーリー・ロバートソンさん(57)に聞きました。

 ――幼少時からアメリカと日本を行き来して生活してこられました。母国の大統領選を日本からどうご覧になっていますか。

 今回の大統領選は、非常に身近なものに感じています。トランプ大統領のキャラクターが、いろんな意味で「異次元の存在」だということももちろん大きいですけど。それだけでなく、日本に住んでいるアメリカ人の中には、トランプさんのやり方に危機感を持っている人が多いんじゃないかなと思います。もちろん、グローバルにビジネスをしている人などは、経済改革では肯定する人もいるでしょうけどね。東アジアで膨張気味の中国を日本だけで抑止することは難しいので、「やっぱり強いアメリカが必要だ」というような。

 ――アメリカ人が持つ「危機感」というのは?

 私はニューヨークのマンハッタンで生まれて、5歳までサンフランシスコ市内や郊外、5歳から中学2年までは広島に住んでいました。その後は日米を行ったり来たりです。日本に住んでいるアメリカ人ということは、国境をまたぐ人たちなんですね。日本人と結婚している人も多いです。そうしたトランスナショナルな人たちにとって、トランプさんのように指導者が「国境を強化せよ」という姿勢を打ち出すことには、やはりどこか不安を感じるんです。今はどちらかというと不法移民の問題でメキシコの国境が焦点になっていますが、たとえばテロリストに中東の出身者が多いということで中東の人が入国拒否をされることもありうる。さらに、個別に何らかの理由をつければ、それが日本人に適用されることだって、ありえないことではありません。日本で暮らす私たちには身近な問題で、怖さを感じるんですよね。

 ――大統領が分断をあおれば、国外のアメリカ人にも影響すると。

 そうですね。今のアメリカを…

この記事は有料記事です。残り2972文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
アメリカ大統領選2020

アメリカ大統領選2020

共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン前副大統領の2候補によって争われる11月3日のアメリカ大統領選。最新の発言や取材から、両候補の動きを追います。[記事一覧へ]

連載そこが気になるアメリカ大統領選(全13回)

この連載の一覧を見る