[PR]

 巨人の主将、坂本勇人内野手(31)は開幕前に新型コロナウイルスの検査で陽性と判定された。開幕が遅れたことで史上最年少での2千安打到達がかなわなかったものの、残り4本に迫る。異例ずくめだった優勝までの道のりを振り返った。

1軍合流目標に病室でも筋トレ、素振り

「なんでやろ?」

 開幕が迫った6月3日、新型コロナウイルスの陽性判定を受けました。そのときに一番最初に思ったことです。外出を控え、予防のための取り組みはやっていたので。入院でチームを離れることになり、申し訳なかった。でも、原監督やチームメートから「気にせず、しっかり治して戻ってきて」と連絡してもらって、本当に気持ちが楽になりました。

 病室では、練習試合の中継は見…

この記事は有料会員記事です。残り1014文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1014文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1014文字有料会員になると続きをお読みいただけます。