[PR]

 立憲民主党を離党し、無所属で活動していた初鹿明博・衆院議員(51)=比例東京=は22日、国会内で記者会見を開き、衆院に辞職願を提出したことを明らかにした。初鹿氏は当選3回。

 初鹿氏は2015年5月の深夜、都内を走行中のタクシー内で、知人女性にキスをしたり、顔を自分の下半身に押しつけたりした疑いで、昨年12月に強制わいせつの容疑で警視庁に書類送検されたが、東京地検は今年9月に不起訴処分にした。

 会見では「相手へのけじめ、支援者へのけじめとして辞職することにした」と述べた。今後も政治活動を続ける意欲を示す一方、次回選挙への対応は「現時点では白紙」と述べるにとどめた。

 辞職に伴い2017年の衆院選比例東京ブロックの同党名簿で次点だった松尾明弘氏(45)が繰り上げ当選する見込みだ。