[PR]

 沖縄県の座波一県議(自民)が新型コロナウイルスに感染したことがわかった。座波氏が委員長を務める県議会決算特別委員会で22日、報告された。座波氏は18~21日、所属する会派「沖縄・自民党」の県議18人で、宮古島市などの離島を視察し、飲食を伴う会合をしていた。ほかの17人は全員、濃厚接触者と判断され、PCR検査を受ける。

 県議会事務局によると、視察には会派所属の県議19人のうち18人が参加。18~21日の4日間、離島の与那国町、石垣市、宮古島市で自衛隊基地や市役所を視察した。夜は居酒屋を貸し切りにして、飲食を伴う懇親会を開いたという。

 宮古、石垣の両島では、夜の繁華街や病院で感染が広がっており、県は19日に感染防止対策の徹底を求める注意報を出したばかりだった。両島には、コロナ患者対応の指定医療機関が一つずつしかなく、22日時点、県立宮古病院(宮古島市)に16人、県立八重山病院(石垣市)に22人が入院している。

 この日の決算特別委は午前10時開会の予定だったが、座波氏が検査を受けているとの連絡が入り一時開催を見合わせた。その後、自民会派の委員、全7人は欠席として、正午前に開会した。座波氏の感染を受けて自民党県連は「感染防止対策の中心的役割を担う立場の人物であるだけに残念な結果と言わざるを得ない」とのコメントを出した。(藤原慎一)