[PR]

 4日の京都戦から鈴木政一監督が就任し、5試合が終わりました(21日現在)。京都戦では相手を圧倒する場面が多々ありましたが惜敗。しかし、その後4試合は、アグレッシブなプレーで2勝2分、4試合連続無失点という結果を残しました。

 就任当初、鈴木監督は「基本的には改善。イコール勝利」と宣言。「改善していかなくてはいけない問題が色々あるが、我々はプロ集団。1試合1試合、勝利を追求しながら戦っていきたい」と抱負を述べました。その言葉通り、一歩一歩、着実に課題を克服しています。

 Jリーグでは、再開後、新型コロナウイルス感染防止対策として、①アウェー応援席の禁止②鳴り物禁止③間隔を1m以上空けての配席(ヤマハスタジアムの場合、収容人数は最大約3700席に)④アルコール販売の禁止、を実践してきました。

 「WITHコロナ」の環境下、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース