[PR]

 インフルエンザの流行期を前に、韓国でワクチンの接種後に死亡する例がこの1週間に少なくとも12件発生した。国内の製薬会社5社が製造したワクチンで、政府は接種が原因となった可能性は低いとするが、不安が広がっている。

 韓国疾病管理庁によると、14日に接種した男子高校生が2日後に死亡したのを皮切りに、22日までに高齢者を中心に計12人が死亡。一方、聯合ニュースは死者が計27人に上ると報じた。韓国以外で製造されたワクチン接種による死亡例の報告はない。

 高校生はアレルギー鼻炎、ほかの高齢者には高血圧や心臓疾患などの基礎疾患を抱えた人もいた。ワクチンと死因との関係は不明で、同庁が疫学調査を進めている。現状では、接種を中止する必要はないと判断している。

 新型コロナウイルスの流行が続くとみられることから、韓国政府はインフルエンザワクチンの接種を推奨。全国民の約4割に当たる未成年者と62歳以上に無料接種を実施し、これまでに約1297万人が接種を済ませた。このうち、異常を訴えたのは431人(20日現在)という。

 2009年から昨年までに韓国…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら