[PR]

 秋になると、捨て猫の相談が目立つという。動物愛護団体などは動物を捨てることは犯罪だと訴えている。

 群馬県沼田市町田町にある法城院の静かな境内。10月上旬、別の取材で訪れると、彼岸花に囲まれた一角にぽつりと置かれた段ボールがあった。中をのぞくと、身を寄せ合う子猫が5匹。愛くるしいまなざしを向けてくる。

 誰かが捨てたのか。住職の堀口秀樹(しゅうじゅ)さん(54)は「何てことを。どうすればいいのだろう」。寺の関係者が集まって相談した結果、警察に連絡することに。沼田署が動物愛護法違反の疑いで調べている。

 動物愛護法は今年6月の改正で罰則が強化された。猫や犬などを捨てた場合の罰則として、これまでの100万円以下の罰金に、1年以下の懲役も加わった。

 猫たちは署で一夜を過ごした後、渋川市金井の県動物愛護センター北部出張所へ。その後、玉村町樋越の県動物愛護センターに移った。健康だといい、譲渡先を探すことになっている。

 センターによると、猫は主に春と秋に出産し、一度に6匹産むことがあるなど繁殖力が強い。「猫を拾った」「たくさん産まれた」といった相談は特に春に次いで秋が多く、「遺棄は犯罪であり、絶対にやめてほしい」と担当者は話す。

 捨て猫が届けられても、産まれ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら