表現の欲求こそ生きる意味 卒寿控えたフラメンコ舞踊家

有料記事

編集委員・吉田純子
[PR]

 小松原庸子スペイン舞踊団が11月、東京の国立劇場小劇場でクラシコ(古典)に軸を置いたフラメンコ公演を開く。

 卒寿を来年に控えたフラメンコの日本の至宝は、コロナ禍の中の今、表現をしたいという人間の基本的欲求に、生きることの意味を再確認したという。

 足を踏み鳴らし、「オーレ!」のかけ声が飛び交う。フラメンコと言えば、そんな威勢の良い印象をもたれがちだ。しかし小松原は「本来の伝統的なフラメンコは、エレガントで気品に満ちている」と話す。

 「アートとしてのフラメンコを、原点回帰ともいえるこの時期にこそ、味わっていただきたい」

 小松原は柳橋の邦楽一家に生…

この記事は有料記事です。残り420文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!