[PR]

 帰ってきた喜びを銀盤でいっぱいに表現した。三原舞依(21=シスメックス)にとって、10月上旬にあったフィギュアスケートの近畿選手権は1年半ぶりの実戦。報道陣の取材で「うれしい」という言葉を何度も口にしたことからも、充実感がうかがえた。

毎週水曜日の朝に、フィギュアスケートにまつわる話題をお届けします

 ショートプログラム(SP)は2季前と同じ曲「イッツ・マジック」を選んだ。体力が戻りきっていないこともあり、ジャンプの難易度は下げて臨んだが、冒頭の3回転ルッツ―2回転トーループの連続ジャンプは難なく成功。3回転ループは少し乱れたが、華麗なステップは健在で、見ている人を魅了する演技を披露した。

 無観客開催だったが、関係者がいたスタンドから送られた温かい拍手が、何よりもその証拠だった。

 SPを3位で終えると、取材の冒頭に「曲が鳴る以前に、名前がコールされた時に試合に『帰ってきたー』というのが、自分の中でうれしくて楽しくて」。ほおを紅潮させて話し始めた。「『ただいま』というか、久しぶりの試合にまず、氷に乗れていてうれしいなと思った」

 17年の四大陸選手権女王。昨…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら