拡大する写真・図版トランプ王国 あれから4年 グラフィック・加藤啓太郎

[PR]
連載「トランプ王国 あれから4年」
前回のアメリカ大統領選ではトランプを熱心に支持した人もいれば、迷った末に投票した人もいた。あれから4年。かつてトランプに1票を投じた人に聞いてみた。今年も彼を支持するのですか? トランプ支持者の声から現代アメリカの姿に迫る連載の6回目。

 オハイオ州トランブル郡の飲食業ステファニー(46)にとって、最大の懸念は娘(20)の医療費だ。腎臓に難病を抱え、薬代などに月4500ドル(約47万円)かかる。保険で全額カバーされてきたが、医療費の支出削減を説く政治家は少なくなく、常に不安を抱えている。

 4年前の大統領選では、大統領オバマが署名して成立した医療保険制度改革法(通称オバマケア)をめぐり、共和党トランプがこれを撤廃して「よりよい制度を導入する」と約束した。ステファニーはこの言葉を信じて、夫ロバート(52)とともにトランプに投票した。トランプは立候補の前から「社会保障とメディケア、メディケイドの削減はないと言明する最初で唯一の共和党候補者」(2015年5月のツイッター)と自らをアピールしていた。

拡大する写真・図版2回目に取材した際もステファニーは医療保険制度の行方を心配していた。このときもトランプに投票したことへの後悔を口にした=2017年12月30日、オハイオ州トランブル郡、金成隆一撮影

 メディケアは「高齢者向けの公的医療制度」で、メディケイドは「低所得者向けの公的医療制度」。いずれもセーフティーネットの拡充に前向きな民主党ジョンソン政権下の1965年に成立したものだ。

 アメリカでは、民間企業ではなく政府が医療保険を手がけることを「社会主義的」と見る傾向があり、特に保守層や共和党支持層で反発が強い。その観点から、トランプが共和党候補として「削減はない」と宣言したことのインパクトは大きく、従来の民主党支持層がトランプ支持に流れる「壁」を低くする効果があった、とされる。

 ステファニーのように、このメッセージを信じてトランプに投票した有権者は少なくない。彼女は、大統領選で党派に左右されずに投票してきた有権者の一人だ。トランプは4年前にこういった票を集めることにも成功していた。

拡大する写真・図版9月29日にオハイオ州で開かれた討論会で発言するトランプ大統領=AP

 ところが、肝心の「約束」は果たされていない。トランプ政権の1期目はあと3カ月間で終わるが、オバマケアに代わる「よりよい制度」が示されていないのだ。そのためステファニーは、私が取材するたびに、いつも医療保険制度の行方を心配している。

 オバマケア代替案の協議では「既往症の扱いが論点」と報じられ、ステファニーは驚いた。既往症が保険適用から外れれば、娘の医療費負担だけで、生活が困窮するのは明らかだ。ステファニーは「母としてやれることを」との思いで、トランプのほか地元選出の議員らに「難病患者の立場に理解を」と手紙を出してきた。

 2017年5月の取材では「こんなことになると選挙前に知っていれば、トランプには投票しなかった」と早くも後悔を口にしていた。

    ◇

 今年10月。久しぶりに電話をすると、ステファニーは怒っていた。近況を尋ねると、第一声がため息まじりの「クレージーよ」だった。

 1週間前の9月29日にあった候補者討論会への不満が収まらないのだ。「アメリカ人は大統領候補のアイデアを聞く権利がある。でも相手の発言中に互いに口を挟むから討論にならず、何も聞けなかった。私は医療保険への立場を知りたかったのに」

拡大する写真・図版「社会保障を削減しない唯一の共和党候補」というトランプの言葉を信じてきたステファニー(写真右)と夫ロバート。トランプに投票したことを後悔していた=2017年5月29日、オハイオ州トランブル郡、金成隆一撮影

 あの晩、ステファニーは夫ロバートとテレビ観戦した。バイデンが司会者の問いに答え始めると、トランプがすぐに脇から口を挟む。司会者に制止されても話し続ける。何度も繰り返すので、しまいにはロバートが怒り始めた。「今回はあきらめた。棄権する」。4年前のトランプ票が一つ消えた瞬間だ。

 討論会では、ステファニーの期…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら