[PR]

 第2次大戦後、多くの日本人が捕虜としてモンゴルに抑留され、強制労働で命を失った。日本のテレビ局で勤務するモンゴル出身の記者がこの「モンゴル抑留」をテーマにドキュメンタリーを作り、日本民間放送連盟賞教養部門の優秀賞を受賞した。「歴史の授業では学ばなかった」という母国の出来事。作品にどんな思いを込めたのか。

拡大する写真・図版バヤルタイの作品タイトル画面とモンゴルを訪れた友弘正雄さん=中京テレビ提供

 モンゴル国立大はモンゴル抑留者が建設に関わった――。

 9年前、オユーンチメグ・ホンゴルズル(通称ゾーラ)さん(39)は、母校の話題を報じる新聞記事をネットで見つけた。

 東京の大学に留学後、アルバイトをきっかけに入社した中京テレビ(名古屋市)で記者として働くようになって1年目のことだった。

 「モンゴル抑留」は歴史の授業で出てくることもなかった。大学では国際関係学部で学んだが、一度も聞いたことがなかった。

拡大する写真・図版ゾーラさん=名古屋市中村区の中京テレビ

 「どういうことだろう」

ゾーラ記者は出会った元抑留者と「最後の慰霊」の旅に向かいます。その中で忘れられない瞬間があったといいます。

 モンゴル抑留のことを調べ始め…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら