[PR]

 どちらが大輪の花を咲かせるか――。将来の首相候補とも言われる小泉進次郎環境相と河野太郎行政改革相が、東京・新宿御苑で11月に開かれる環境省主催の「菊花壇展」を2人で訪れることになった。

 2人は昨年も同展を訪問している。小泉氏の声がけだった。2人は、咲き並ぶ花々を観賞後、それぞれの鉢植えに菊の苗を植えた。水やりをしながら「どちらもきれいに咲くといいですね」「自分だけ枯れたら嫌だなぁ」などと笑い合う姿は、互いの未来を占うようだった。

拡大する写真・図版昨年の菊花壇展で菊の鉢植えに水をかけた小泉氏(左)と河野氏=2019年11月2日、東京都・新宿御苑、菊地直己撮影

 23日の閣議後会見で「今年も2人で?」と問われた小泉氏は、はにかみながら、「河野大臣とおはなしをして『大臣今年どうします?』と言ったら『あっ、行きたい』と言っていたので、また一緒に行きたいと思います」。

 菊の苗の成長も「環境省所管ですから、職員に聞いて、咲いている方を僕のにしてもらいたい」と冗談をいいつつ、「確かめたい」と語った。

 菅政権でも、ともに内閣に残った2人。仕事では競い合うように大輪の花を咲かせているが、苗の成長やいかに――。(水戸部六美)

拡大する写真・図版今年も菊花壇展に行くか閣議後会見で問われ、はにかむ小泉進次郎環境相=2020年10月23日午前11時18分、環境省、水戸部六美撮影