[PR]

 妊娠中は感染症にかかると重症化しやすいことが多い上、薬を飲むのも気を使う。妊婦が新型コロナウイルスに感染すると、どのような影響が出るのか。

拡大する写真・図版生まれたばかりの赤ちゃんでいっぱいの新生児室

 「妊娠後期の妊婦は重症化しやすく、感染予防に特に気を配る必要がある」

 開業医らでつくる日本産婦人科医会は9月、新型コロナに感染した妊婦の症状を調査し、こう提言した。

 7~8月に全国約2200カ所の医療機関にアンケートを実施し、約1400カ所から回答を得た。

 1~6月に出産した約30万6千人の妊婦のうち、72人が感染し、うち発熱などの症状が出たのは58人だった。妊娠28週以降の妊娠後期・産後すぐだと53%にコンピューター断層撮影(CT)検査で肺炎の症状が出たが、それ以前だと10%にとどまった。また、呼吸困難などで酸素投与が必要になった人の割合も、それぞれ37%、8%と、妊娠後期になるほど重症化する傾向がみられた。ただ、サンプル数は少なめだ。

 海外の報告でも同じ傾向がみら…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら