[PR]

 時事通信社は23日、5~8月に地方紙に配信した連載コラム13本を取り消すと発表した。ネット上の文章などに酷似した表現があり、「信用性を担保できない」と判断したという。

 同社によると、コラムはフリージャーナリストが執筆した「画家の本づくり」。美術家が手掛けた本の装丁を紹介する内容で、このジャーナリストからの提案で執筆を依頼した。5月下旬から10月上旬まで、全20回の配信を予定していた。

 8月中旬、第15回配信分の編集作業の際に原稿の約7割がネットの文章などに酷似していることが判明。配信済みの13本のうち11本の少なくとも19カ所にネットの文章や美術館の資料と似た表現があった。ジャーナリストは「盗用はしていない」と話したという。

 同社の高橋正光編集局長は「読者と配信先など関係者の皆さまに深くおわびします。原稿の点検作業を一層強化するとともに、社外筆者に対しても著作権の尊重などコンプライアンスの徹底を求め、再発防止に努めます」とコメントした。