[PR]

 川崎市川崎区の多文化交流施設「川崎市ふれあい館」に、在日コリアンを脅迫する内容のはがきを送ったなどとして、威力業務妨害の罪に問われた元同市職員荻原誠一被告(70)=同区=の初公判が23日、横浜地裁川崎支部で開かれた。荻原被告は起訴内容を認め、検察側は懲役2年を求刑。即日結審した。

 起訴状などによると、荻原被告は昨年12月、「在日韓国朝鮮人をこの世から抹殺しよう」などと書いたはがきをふれあい館に宛てて送付。今年1月には、「ふれあい館を爆破する」などと書いたはがきを、元部下を宛先人として市の事業所に送ったとされる。

 検察側は冒頭陳述で、荻原被告が元部下とトラブルになり、恨みを抱き続けて嫌がらせをしようとしたと主張。被告人質問で荻原被告は「元部下をおとしめることに加え、(在日コリアンへの)差別意識もあった」と述べた。

 裁判では、ふれあい館の崔江以子(チェカンイヂャ)館長が「一時的な威力業務妨害にとどまらず、在日コリアンの存在を否定するヘイトスピーチであり、差別を動機とする犯罪だ」と意見を述べた。

 判決は12月3日に言い渡される予定。