[PR]

 学生にセクシュアルハラスメントをしたなどとして、東京学芸大学は23日、50代の男性准教授を諭旨解雇処分にしたと発表した。処分は22日付。セクハラのほか、教員の権限を悪用した「アカデミックハラスメント」や人格権の侵害行為があったと認定した。プライバシー保護や二次被害の防止などを理由に、ハラスメントの内容などの詳細は明らかにしていない。准教授は一連の行為について、おおむね認めているという。(鎌田悠)