[PR]

 青森県は23日、県内で新たに9人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表した。うち1人はクラスター(感染者集団)が発生した弘前市の飲食店の従業員の知人のさらに知人の男性で、今回のクラスターの関連で初めての3次感染となった。

 他に新たに感染が確認されたのは、弘前市の弘愛会病院の職員の男女2人、飲食店の利用者の男性1人、すでに感染が確認された利用者の同居人の女性2人、性別などが非公表の10代の1人と10歳未満の1人、行動歴が調査中の女性1人。県内の感染確認は23日夜の時点で158人となった。

 商業施設「ヒロロ」内の公共フロア「ヒロロスクエア」の一部や市のスポーツ施設などをコロナ禍の影響で休止している弘前市は、この日の対策本部会議で、休止期間を1週間延長して11月1日までとすると決めた。(渡部耕平、林義則)