[PR]

 大阪府池田市の冨田裕樹市長(44)は23日、市役所に簡易サウナを一時設置していたことを明らかにした。ニュースサイト「デイリー新潮」の報道を受けて市役所で記者会見を開いた。冨田市長は「公私混同と誤解を招くことになり、猛省している」と謝罪。「腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニアなどのリハビリのために利用していた」と述べた。使用した電気代は算出して返還するという。

 冨田市長によると、市役所3階の市長控室近くの小部屋に9月中旬、簡易サウナを設置した。3日に1回ほど、昼休みにトレーニング用の服を着て約20分間使い、汗をタオルでふいてからスーツに着替えていたという。「市民から理解が得られない」と妻から指摘を受け、10月中旬に撤去したとしている。また、市長控室に畳のベッドを一時設け、通路に自転車型運動器具も置いていたがいずれも撤去したという。

 冨田市長はアメリカンフットボールを高校、大学と続け、腰椎椎間板ヘルニアなどを患っていたという。

 冨田市長は衆院議員秘書や市議を経て、2019年4月の市長選に大阪維新の会公認で立候補し、初当選を果たした。