[PR]

 大阪管区気象台は24日、冬の訪れを告げる「木枯らし1号」が23日午後に近畿地方で吹いたと発表した。西高東低の冬型の気圧配置となったためで、昨年より12日早かった。同管区内では1981年、93年と並び観測史上最も早かった。

 23日の各地の最大瞬間風速は、滋賀県彦根市で16・1メートル、神戸市13・8メートル、京都市10・7メートル、大阪市8・6メートルだった。