[PR]

 来夏に延期された東京五輪のチケットについて、大会組織委員会は11月から希望者への払い戻しの受け付けを始める方向で調整していることが関係者への取材で分かった。

 五輪のチケットは、すでに国内で448万枚を販売済み。組織委は7月に「購入済みのチケットは原則そのまま利用できるが、延期で来場が困難になった場合などは、今秋以降に払い戻しを行う予定」と発表し、システムの準備を進めていた。97万枚を販売済みのパラリンピックのチケットについても、12月に払い戻しの受け付けを行う予定だ。

 来年の大会で予定通りに観客を入れるかについては、大会関係者からも「新型コロナウイルスの感染状況を見極めなければならない」との声があがる。政府、東京都、組織委などによる感染症対策の検討会議で今後、観客の取り扱いも議論される見通しだ。