[PR]

 大阪市北区の阪急大阪梅田駅近くの商業施設「HEP(ヘップ) FIVE(ファイブ)」で23日夕、大阪府立高校の男子生徒(17)が転落して死亡し、下にいた通行人の女性にぶつかった事故で、大阪府警は24日、意識不明の重体だった女性が搬送先の病院で死亡したと発表した。府警は、男子生徒が自殺を図って屋上から飛び降り、女性が巻き込まれたとみて捜査している。

 曽根崎署によると、亡くなったのは兵庫県加古川市の大学2年生、古川賀子(かこ)さん(19)。古川さんは当時、買い物のため、知人の女性と施設の出入り口付近を歩いていたという。落ちてきた男子生徒の体が古川さんの背中付近を直撃したとみられる。

 「HEP FIVE」は10階建てで、事故当時は1~9階の店舗などが営業していた。10階は従業員の専用フロアだが、男子生徒とみられる人物が従業員用のエレベーターを使って10階で降り、フロアを歩く姿が防犯カメラに映っていたという。

 屋上は非常時以外は立ち入れず、屋上に通じるドアの内鍵は普段、プラスチック製のカバーで囲われているが、23日に警備員が駆けつけた時には壊されていたという。屋上に男子生徒の学生証が入ったバッグが残されていた。