[PR]

 東京都町田市と法政大学は24日、市内の多摩キャンパス近くにある同大サッカー部合宿所に住む部員ら20人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同大は22日以降、同部の活動を停止し、合宿所に住む部員とスタッフ全員を外出禁止としている。多摩キャンパス内の体育会所属学生やスタッフにも、当面の活動停止と自宅待機を通知したという。

 発表によると、21日に部員1人の感染がわかり、部員とスタッフ計57人のPCR検査を実施したところ、24日までに計20人の感染を確認した。同大では一部で対面授業を再開しているが、対面授業に参加した部員は全員陰性だったとしている。

 同大サッカー部は強豪として知られ、2017年には総理大臣杯全日本トーナメントで優勝。19年には準優勝している。