[PR]

 福岡市中央区の市植物園で約280種1300本のバラが見頃を迎え、恒例の「秋のバラまつり」が開かれている。深紅や黄、薄紫と色鮮やか。秋のバラは、豊かな香りが特徴という。

 24日は秋晴れの下、訪れた人たちが写真を撮ったり、香りをかいだりしていた。福岡市博多区の酒井未翔さん(31)は「初めて来ましたが、種類によって色や形がさまざまで興味深い。オレンジの色合いがきれい」と見入っていた。

 11月8日まで。今月25日は無料開園日。午前9時~午後5時(入園は午後4時半まで)。(安田桂子)

関連ニュース