[PR]

 競馬の菊花賞は25日、京都競馬場で行われ、コントレイルが接戦を制し、皐月賞、ダービーに続く勝利を挙げた。史上8頭目の3冠制覇を達成し、昨年9月のデビュー以来の連勝は「7」となった。無敗での3冠制覇は1984年のシンボリルドルフ、2005年のディープインパクトに次いで史上3頭目。

 コントレイルの父はディープインパクト。父子2代での3冠制覇は史上初めてだった。コントレイルは17年4月1日、北海道新冠町の牧場ノースヒルズで生まれた牡(おす)3歳。

 福永祐一騎手は13年のエピファネイア以来の菊花賞2勝目。矢作芳人調教師は6度目の挑戦で菊花賞初優勝となった。

 首差の2着はアリストテレス、3着はサトノフラッグだった。

コントレイルの略歴

 2017年4月1日、北海道新冠(にいかっぷ)町・ノースヒルズ生まれ。牡(おす)3歳。父ディープインパクト、母ロードクロサイト。馬主は前田晋二氏。7戦7勝。馬名の意味は「飛行機雲」。

コントレイルの成績

年・月・日 場所 レース名 距離(メートル) 成績 着差

2019・9・15 阪神 新馬 芝1800 1着 21/2馬身

2019・11・16 東京 東京スポーツ杯2歳S 芝1800 1着 5 馬身

2019・12・28※中山 ホープフルS 芝2000 1着 11/2馬身

2020・4・19※〃 皐月賞 芝2000 1着 1/2馬身

2020・5・31※東京 ダービー 芝2400 1着 3馬身

2020・9・27 中京 神戸新聞杯 芝2200 1着 2馬身

2020・10・25※京都 菊花賞 芝3000 1着 クビ

※はGⅠ

     ◇

 〈3冠レース〉 英国の3冠レースをモデルとした。現在は皐月賞(中山競馬場・芝2000メートル)、ダービー(東京競馬場・芝2400メートル)、菊花賞(京都競馬場・芝3000メートル)と形状の違う競馬場の異なった距離で争われ、3レースとも3歳馬しか出られない。俗に「皐月賞は速い馬、ダービーは運のいい馬、菊花賞は強い馬が勝つ」と言われる。