[PR]

 自民党の石破茂元幹事長が25日、石破派(水月会、19人)の会長を辞任して初めて地元・鳥取県を訪れ、支持者らに向けて経緯を説明した。来年予定される党総裁選に立候補するかどうかは「政権がスタートしたばかりでそういうことを申しあげるのは、私の考えには反する」などと繰り返し、明言を避けた。

 石破氏は自民党鳥取県連で記者会見をした。「政権がいい仕事をするように協力をし、それが実現していけば、それはそれで国家国民のためだ」と語り、菅政権に協力する姿勢を示した。政治家として最終的に首相をめざすかどうかは、「国会議員はみんな立候補する有資格者。私もその一員であることに変わりはない」と述べた。

 石破氏は派閥会長辞任に至った…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら