[PR]

 半世紀ぶりの保守分裂選挙となった富山県知事選は25日投開票され、無所属の新顔で日本海ガス前社長の新田八朗氏(62)が、5選を目指した無所属の現職石井隆一氏(74)、無所属新顔でNGO代表の川渕映子氏(71)を破り、初当選した。投票率は60・67%で、過去最低だった前回の35・34%を大幅に上回った。

 有権者に占める自民党員の割合が最も高い「保守王国」で、一部の自民党県議や森雅志・富山市長らが支援した新田氏と、自民党県連や公明党県本部の推薦を受けた石井氏による事実上の一騎打ちとなった。

 新型コロナウイルス対策も争点となり、新田氏はコロナ後を見据え、老朽化したインフラの更新や企業誘致による景気浮揚策を訴えた。行政手続きのオンライン化の促進など、民間で培ったスピード感を県政に持ち込むこともアピールし、幅広い層に支持を広げた。

 石井氏は豊富な行政経験と4期16年の実績を強調。新型コロナの検査体制充実も訴えたが及ばなかった。(田島知樹)