[PR]

 石破茂衆院議員(鳥取1区)が25日、地元鳥取市の自民党県連で記者会見した。石破派(水月会)の会長辞任については、9月の総裁選を「結果は非常に厳しいものであった」と振り返り、県内の県議や支援者が投票を呼びかけたことなどに「大変ご負担いただいた。結果が出せなかったこと、ご負担と期待。責任をとらねばならんと考えた」と説明した。

 今後の展望については、1年以内にある総選挙で説明するとし、「今度の選挙はより丁寧に有権者に説明したい。順風満帆でここまで来たわけではない。つらい、苦しい思いを共にしていただいたことには本当に申し訳なく思いますし、心から感謝申し上げたい。みなさんとさらに思いを共有しながら、鳥取県から新しい日本をつくる」。

 鳥取県初の首相誕生を願う県民には、「総理とは手段で目的ではない。こんな国をつくりたいということを、常に訴えて共有していきたい」と話した。(矢田文)

関連ニュース