[PR]

 大きさ0・5ミリ未満の早期乳がんを、電磁波を使って鮮明な画像に映し出すことに成功したと、大阪大学などのチームが発表した。現在は細胞を染色する必要があり、診断まで数日かかっているが、素早い診断に結びつく可能性がある。新しい診断機器の開発にもつながるという。

 チームは「非線形光学結晶」と呼ばれる特殊な結晶にレーザー光を当てると、電磁波の一種で、光と電波の中間ほどにあたる「テラヘルツ波」が発生する現象に注目。結晶の上に乳がんのサンプルを置いて下からレーザー光を当て、サンプルを通り抜けたテラヘルツ波を画像に撮ると、0・5ミリ未満の乳がんをはっきりと識別できた。また、早期の乳がんと進行した乳がんを見分けられた。

 乳がんは、がん細胞が乳管・小葉の中にとどまる場合に「ステージ0」、しこりの大きさが2センチ以下でリンパ節転移がない場合に「ステージ1」とされる。腫瘍(しゅよう)の範囲が小さい場合にも、手術は必要になる。現在は、採取した細胞を染色して診断しているが、数日かかる。テラヘルツ波を使えば素早く、小さながんを発見できる可能性がある。

 この方法は原理的には乳がん以…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら