[PR]

 ラトクリフ米国家情報長官は、イランとロシアが米大統領選に介入を試みた疑いがあると発表した。ラトクリフ氏は「一部の有権者の登録情報がイランとロシアに別々に入手されたことを確認した。イランが有権者を脅し、社会不安をあおり、トランプ大統領に打撃を与える目的でなりすましメールを送っている」と21日の記者会見で述べた。

外国政府の関与が疑われるハッカーによる工作やサイバー攻撃が各国で後を絶ちません。欧州ではドイツ連邦議会へのサイバー攻撃があったとして、EUがロシア軍幹部らへの制裁を発動しました。合わせて伝えます。

 白人至上主義的な主張を展開しトランプ氏の支持者が多い米国の極右団体「プラウドボーイズ」になりすまし、「トランプ氏に投票しろ。さもないと」というメールが有権者に送られているという。

 ただ、有権者登録情報の多くは公開されているため、ハッキングなどが行われたかどうかは不明だ。

 イラン国連代表部のミリューセ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら